top of page

About

Hiroko MASUDA

Born in Tokyo, Japan

Lives & Works in Paris, France

At the age of 40, I reached a crossroad in my life. I had to make a decision. Should I continue to work at my company or resign? I thought of it over and over.

 

Finally, I decided to leave the French gaming company that I belonged to. I admit, It was a tough choice. For the obvious reason that a foreigner at my age might have a difficult time of building a new career.

 

However, I felt embarrassed staying in my comfort zone without much enthusiasm anymore.

 

With several years of experience in the same industry in Japan, I finally got my hands on a job in Paris in 2007. I have been here since.

 

Living abroad has been a childhood dream of mine. I wanted to live in a place where I can be my true and better self, doing what I liked.

 

Looking back, when I was in high school in Japan, some people think I was weird. Teachers were disappointed with my decision to study Fine Arts in the university. I was tired of the uniformity of trends and values around me.

 

I remember how I liked to draw my own original princess verson in Art class or manually making hand crafts. I would put on boys' shoes while cutting my hair very short. I encountered various people and things through travellilng alone. I had the chance to help someone who asked for it.

 

These experiences have been pretty much the same since childhood.

 

It's a blessing that I finally found doing make-up and I am truly enjoying it now.

 

I'm attracted to things and places where humans once dwelt through the overlap of time. Japan, where I was born and raised, and France, where I live now. I admire their commonalities.

 

I continue to do make up, getting inspirations from what I feel is beautiful. 

 

I want to provide an experience that allows us to enhance ourselves and rediscover our world.

 

Ever since I was a student, I've been really interested in what stirs my heart. And I've been moved forward by such things, people, and experiences.

 

Now, I want to be someone who has such a power, through make-up.

40歳、会社員としてこのまま仕事を続けていくのか、辞め、転職をしようか悩んでいた。



10年間勤めていたフランスのゲーム会社をやめた。

 

やっと見つけたフランスでの職を手放し、この歳でまったく新しいことをはじめる不安があった。

 

けれど、熱意もなく居続けることに納得できなかったし、今、動かずにいつ動くのかという思いが、わたしを前進させた。

 

日本での経験を積んだ後、パリにあるゲーム会社で働くために2007年に労働ビザを取得し、来仏した。以来、パリで生活している。

 

私にとっての「好き」と生きやすさを選ぶため、海外移住は物心ついた頃からの夢だった。

 

10代を日本で送っていた頃、変わってると言わたり、画一的な流行りや価値観を押し付けられることに窮屈を感じていた。

 

高校2年生で初めて行ったアメリカ。そこで出会う大人たちに「あなたの夢はなに?」とたびたび訊かれ、励まされたことが転機となり、それ以来、自分が本当にしたいことに集中した。



幼少時に通っていたお絵かき教室ではお姫様をいつも描いていた。手を動かして何かを作ること。髪を短くして男の子用のスニーカー履いたりすること。ひとり旅をすることや、旅を通じて人に出会うことがとにかく好きだった。

 

誰かに必要とされることやその人の役に立てたと感じるられることも好きだった。

 

好きなことは今も変わらない。

 

こんな自分の「好き」を考えた末に、メークアップを通して何か実現できるんじゃないかと思った。

 

人の息吹や時間の重なりを感じるものに魅力を感じる。自分の生まれ育った日本、そして今住んでいるフランスにはそのような魅力が多くある。

 

美しいと思うものからインスピレーションを受け、メイクを施す。

 

その人にとっての好きと魅力を再発見できるような体験をメイクを通して提供したい。

 

学生の頃から「揺り動かす力」の存在に興味があった。そういうものや人、体験に揺り動かされてきて今の自分がある。

 

この先は、わたしがメイクを通して誰かに感動や影響を与え、誰かの揺り動かす力となりたい。

bottom of page